自転車は普通に乗っているとデリケートゾーンの黒ずみになるってホント?

自転車

デリケートゾーンに黒ずみができてしまうのは、女性としても嫌ですよね。
洋服や下着とデリケートゾーンが擦れてしまったり、体を洗う時にデリケートゾーンに刺激を与えていたり。
気づかない内にデリケートゾーンに黒ずみが出来ていて焦った、という経験がある人も多いんじゃないでしょうか。
そんなデリケートゾーンの黒ずみ、実はあの意外な乗り物も原因になっているんです。

自転車がデリケートゾーンの黒ずみの原因になります

自転車といえば、ちょっとした買い物や子供の送り迎えに便利な「庶民の味方」の乗り物ですよね。
車のように駐車するスペースが大きくなく、バイクのようにガソリン代も掛からない自転車を生活のお供にしている人も多いと思います。
そんな自転車ですが、実はデリケートゾーンの黒ずみの原因になってしまうのはご存知でしょうか?
デリケートゾーンに黒ずみが出来る一番の原因が、お肌への「刺激」によるものです。
下着とデリケートゾーンが擦れたり、カミソリでの自己処理を行うと、デリケートゾーンは刺激を感じて黒ずみができてしまうんです。

そして、自転車を乗る時も、この刺激が発生します。
自転車に乗る時、必ずサドルに座って「股間部分とサドルが密着した状態」になりますよね?
その状態で自転車をこぐと、自転車と股間に摩擦が起こってデリケートゾーンに刺激として伝わってしまうんです。
当然、自転車に沢山乗れば乗るほどデリケートゾーンに刺激=黒ずみの原因になってしまいますよね。
あまり関係ないと思われている自転車とデリケートゾーンの黒ずみですが、実は原因の一つだったんです。

自転車による黒ずみを防ぐ為の対策方法はないの?

自転車が黒ずみの原因になるのはわかったけど、今まで使っていた自転車を突然乗らないようにするのは厳しいですよね。
そんな場合は、しっかりとした対策を行うと刺激を多少は和らげることが出来ます。
自転車に乗らなくちゃいけない人へ、対策方法を紹介します。

・クッション性があるサドルカバーを使う
サドルが固いと摩擦も起きやすくなってしまいます。
低反発でクッション性のあるサドルカバーが普通に販売されているので、それを利用すれば股間の摩擦を軽減することが出来ます。
サドルの上に被せるだけなので簡単に対策が出来ますし、値段も1,000〜3,000円ほどと決して高くないので、手軽に対策したい場合はクッション性のあるサドルカバーを利用するのがオススメです。
得意な人は、自分で柔らかいサドルカバーを手作りするのもいいかもしれません。

・立ち漕ぎで頑張る
できるだけお金を使いたくないという人は、立ち漕ぎで自転車を乗るのが良いと思います。
立ち漕ぎで乗れば足の運動にもなるので、運動不足の解消にもオススメ出来ます。
自転車と股間の接触が少なく刺激も最低限になる立ち漕ぎは、実は黒ずみ対策の一番の方法なんです。
ただし、立ち漕ぎだけでずっと乗り続けるのは大変なので、サドルカバーとの併用で少しでも負担を減らしましょう。

既に黒ずみが!どうすればいいの?

今までずっと自転車に乗り続けていた場合、既にデリケートゾーンに黒ずみが出来ている人も多いと思います。
その黒ずみ、治すのめんどくさい!と放置するのは良くないです。
女性として、デリケートゾーンが黒いのは恥ずかしい事ですし、黒ずみを放っておくとどんどん治りにくくなってしまいます。
デリケートゾーンに黒ずみが出来ていたら、すぐにケアしましょう。
デリケートゾーンのケア方法2つを紹介します。

・黒ずみケア専用のクリームを使う
一番手軽に出来るのが、黒ずみケアのクリームを使う事です。
すぐに黒ずみが治るわけではないですが、値段も数千円程度と手軽ですし、自宅で治せるというメリットがあります。
手軽に黒ずみケアしたい人、お金が掛からずに黒ずみを治したい人は黒ずみケア専用のクリームを使いましょう。
クリームを選ぶ時は、「低刺激」「デリケートゾーンに使えるか」「美白成分・保湿成分は入っているか」を基準に選ぶのがオススメです。

・病院でレーザー治療してもらう
病院に行けば、黒ずみをレーザー治療で治してもらう事も出来ます。
コチラの場合は、「ほぼ確実に治る」「クリームよりも短期間で治療完了する」というメリットがあります。
ただし、治療には保険が適用されない事が多く、治療費が10万円以上するのが基本なので、そのお金が払えない人は素直に黒ずみケアクリームを選びましょう。

既に黒ずみがある場合、または治った後も自転車に乗っても大丈夫?

もし、現在デリケートゾーンに黒ずみがある場合、もしくは黒ずみが治った後も自転車に乗り続けても大丈夫か?気になりますよね。
基本的には自転車に乗り続けても大丈夫です。
しかし、ただ乗り続けるんじゃなく黒ずみが出来ないようにセルフケアを行わないと、治ってもまたすぐに黒ずみは出来てしまうし、現在黒ずみがある場合はより悪化してしまいます。

自転車に乗る時は先ほど紹介した対策方法は基本として、その他に黒ずみケア専用のクリームを使ってセルフケアしましょう。
既に黒ずみがある場合は黒ずみケア専用クリームを使えば黒ずみの治療になりますし、黒ずみが治った後でもクリームの「美白成分」「保湿成分」が黒ずみの原因を抑えてくれます。
現在黒ずみがあっても、治った後でも、自転車に乗る時は必ず黒ずみケア専用のクリームでセルフケアしてくださいね。

自転車に乗る時は黒ずみケアを考えて!

自転車はデリケートゾーンの黒ずみの原因になってしまいます。
自転車を乗っている限り、デリケートゾーンの黒ずみとは無縁ではいられません。
これからも自転車を乗り続けようと考えている人は、今回紹介した対策方法を行い、黒ずみのセルフケアもしましょう。
自分の為にも、自転車を乗る時は黒ずみケア専用のクリームでのセルフケアを忘れないでくださいね。